新着情報

Date 2019.6.5 在宅ターミナルケアにて最期のお看取りに関わりました。

先日からメディサポライフの看護師が訪問させていただいていたがん終末期の女性I様ですが、5月の後半に、在宅のままご家族に看取られやすからにご逝去されました。前日に苦痛強くなり緩和剤の持続皮下注射が開始となりましたが、ご家族のご依頼にて、夜間〜深夜、そして最期までお付き添い致しました。その際、主治医と連絡を取りながら苦痛症状緩和の注射の管理を行いました。旅立ちは、娘様、訪問看護師さんと共に、I様自身で決めておられた服に着替え、お化粧をして綺麗なお姿でした。

I様ご家族は、皆様互いに尊敬の愛深く素晴らしい御一家で、I様は日々温かな療養生活を送られました。読書家のI様は、私たちにも本をお薦めいただきました。

今回メディサポライフはI様の4週間の在宅療養のうち7回、7日間の短い関わりでしたが、最期はI様とご家族にゆっくり寄り添いケアをさせていただきました。覚悟をしつつもお看取りを行うご家族は多大な不安を抱いておられました。看護師が寄り添うことで幾分か軽減いただけたなら幸いです。貴重な経験をさせていただきました。ありがとうございました。

I様のご冥福をお祈り致します。

益永佳予子
 

関連記事はコチラ

一覧に戻る

トップへ戻る