新着情報

Date 2019.6.5 在宅ターミナルケアにて最期のお看取りに関わりました。

先日からメディサポライフの看護師が訪問させていただいていたがん終末期の女性I様ですが、5月の後半に、在宅のままご家族に看取られやすからにご逝去されました。前日に苦痛強くなり緩和剤の持続皮下注射が開始となりましたが、ご家族のご依頼にて、夜間〜深夜、そして最期までお付き添い致しました。その際、主治医と連絡を取りながら苦痛症状緩和の注射の管理を行いました。旅立ちは、娘様、訪問看護師さんと共に、I様自身で決めておられた服に着替え、お化粧をして綺麗なお姿でした。

I様ご家族は、皆様互いに尊敬の愛深く素晴らしい御一家で、I様は日々温かな療養生活を送られました。読書家のI様は、私たちにも本をお薦めいただきました。

今回メディサポライフはI様の4週間の在宅療養のうち7回、7日間の短い関わりでしたが、最期はI様とご家族にゆっくり寄り添いケアをさせていただきました。覚悟をしつつもお看取りを行うご家族は多大な不安を抱いておられました。看護師が寄り添うことで幾分か軽減いただけたなら幸いです。貴重な経験をさせていただきました。ありがとうございました。

I様のご冥福をお祈り致します。

益永佳予子
 

詳細はこちら


Date 2019.5.13 登録ナース、K看護師がデビューしました!!

5/11に登録ナースのK看護師が初のケアに訪問、デビューしました。
先日、お知らせしたがんで療養中の方の見守りケアに訪問しました。
緊張したそうですが、訪問看護師さんの訪問時間も重なり、協働してケアを行いました。
K看護師は、先月すぱいすに広告を掲載した際、メディサポライフの新しい看護サービスの提供に賛同し登録いただいておりました。
これから共にがんばってまいります。皆さまご指導よろしくお願い致します。
登録ナース募集中です。
益永佳予子

詳細はこちら


Date 2019.5.13 関西チームビハーラ勉強会に参加、発表しました。

益永がライフワークとして楽しんで参加(4回目)している関西チームビハーラ勉強会。代表は臨床宗教師の遠山玄秀さん、多職種で生と死に纏わることを考え、活動し想いを共有している勉強会です。今年は5/11(土)に大阪天王寺区の應典院で開催され、メディサポライフの活動を発表してきました。應典院は、近代的な建物で照明や内装が美術館のようで、定期的に観劇を開催されたりとアーティスティック。秋田ご住職より、ケアとアートについて、アートを単なる芸術のみならず、生活や社会、習慣や交流などを構成することがアートであるとの捉え方でのお話があり、大変興味深く拝聴しました。
メディサポライフの活動発表では、たくさんの方から賛同のお声をいただき、特に懇親会では、緩和ケアのドクター、老健のドクター、宗教家、看護師ケアマネさん、STさん、そして、葬儀業、遺品整理士さん、相続アドバイザーなど多職種の方と楽しく歓談しました。その中で、葬祭業の方から2年前に妹さんを亡くされた経験で、末期状態の時に希望を叶えるため訪問看護師さんがディズニーランドに同行してもらい、家族としても嬉しかったことをお話していただきました。そして、“メディサポライフのサービスは必要です!頑張って下さい”と激励いただき、嬉しさと感動で一杯になりました。大阪でパワーチャージしてきました!!頑張ります!
益永佳予子

詳細はこちら


Date 2019.5.10 がんで療養中の方の在宅医療チームに加えていただきました。

令和となり、メディサポライフも気持ち新たにケアに当たって参ります。よろしくお願い致します。
令和初のケアは、がんで療養中の70歳代女性の訪問看護ケアです。既に、医療保険で訪問診療、訪問看護、訪問薬剤をご利用中で、訪問診療の先生よりご紹介をいただきました。痛みの他に、胃管、酸素、持続皮下点滴、ポート点滴、尿留置カテーテルの管理もあり、ご家族不在時の週3日ほど見守りケアに訪問しています。昨日は、訪問入浴を手配し、ご本人も満足され、ご家族や訪問看護師さんと皆で歓喜しました。ご本人やご家族より、“安心”とのお言葉をいただき励みになっております。在宅医療チームに加えていただき感謝です。
メディサポライフでは、このような医療依存度の高い患者様に対して、ご家族不在時の見守りケア(日中、夜間)も可能です。
益永佳予子

詳細はこちら


Date 2019.4.12 ご入院中の患者さん、看護師同行にて奥様の葬儀にご参列。

一昨日、ご入院中の患者さん(70歳代男性)A様、奥様のお通夜・葬儀に出席されるため看護師による外出同行支援をさせていただきました。Aさんは、肺炎でご入院中、時々経鼻・経口的に吸引が必要な方です。実は、外出当日、微熱がありましたが、看護師同行であればと病院からも許可をいただき、喪服にお着換え、吸引器をお借りして、トロミ剤、オムツも準備していただき付き添いました。ご自宅でのお通夜・葬儀で、福祉タクシー利用し、リクライニング車椅子のままご参列、介助にてご焼香もなさいました。途中、検温しましたが、体温の上昇もありませんでした。仲の良いご夫婦だったそうで、Aさんも涙を流されておりました。3時間後、無事病院にお送りしスタッフさんに申し送りをしました。
子どもさん達はともに関東在住で、こうして、入院中のお父様が葬儀に参列できてよかったと感謝していただきました。メディサポライフのサービスをご利用いただきありがとうございました。
ご入院中の患者さん!看護師が同行すれば外出できますよ!

詳細はこちら


Date 2019.4.8 リピートご利用いただいた20歳代女性のRさん

3月末にご縁あり、メディサポライフ看護師が、障がい通所施設より帰りの送迎に同行しましたが、その後、ご両親より、先週と先々週と2回にわたり、看護師の見守りケアサービスをご利用いただきました。
Rさんは先天性の病気・障がいで、日常生活のすべに介助が必要で、胃ろうもある方です。
見守り支援では、ご両親がご用事でご不在だったため19〜22時まで、胃ろうからの与薬、排泄介助などを行いました。Rさんはかわいらしく音楽がお好きで、一緒に歌いながら過ごしました。
ご両親より、「こんなサービスがあるなんて知らなかった、今までは用事を断ってRさんに付き添ていた、初めて両親共に用事を済ませることができた」と喜んで頂けました。
ご利用いただき、Rさんとご両親に感謝です。
このように、困っている親御さんにも、メディサポライフが繋がるといいなぁと思っています。
 
 
 

詳細はこちら


Date 2019.4.1 城彩苑へお花見に行ってきました!

春爛漫、素敵な季節になりましたね。
定期ご利用の紳士おふたりと、3/29に城彩苑と花岡山にお花見に行ってきました。
暖かくよい日和でした。花見は何年振りかなーー!と喜んでいただきました。
 

詳細はこちら


Date 2019.3.28 通所施設からのご自宅への送迎に看護師同行しました

先日、20歳代の女性Rさんへメディサポライフ看護師が支援させていただきました。
車椅子で胃ろうのある方です。訪問看護師さんのご紹介で、通所施設からご自宅までの送迎時の付き添いをしました。常時、胃ろうから空気や排液の逆流があるため、ご家族以外では移動時は看護師の同行が必要とされています。この日は、ご家族のご都合があわず、メディサポライフにご依頼をいただきました。
Rさんはとても明るくキュートな女性です。送迎中も鼻歌で楽しそうでした。
支援者も楽しませていただきました。
ご利用ありがとうございました。
ご両親より、またサービスを利用したいとおっしゃっていただきました。はい!いつでもどうぞ(^^)/

詳細はこちら


Date 2019.2.6 外出支援(街ぶら・外食)とお留守番支援のご報告

メディサポライフの近況報告です。
2月1日夕方は、M様(男性90歳)がお友達との会食の外出支援をしました。
ご希望にて食事前に、(車椅子介助で)下通り、新市街、桜町・・と街ぶらをしました。20年ぶりに街を散策したとのことで「昔ながらの店は、帯屋、高柳、三国屋・・数えるだけだ」、「ここが話題の桜町開発か!」、社会科見学のようだと喜んで頂きました。和食のお店でお食事も堪能されました。
2月3日は、ご家族がお留守になったT様(女性95歳)のご自宅に見守り支援で訪問しました。
T様は華道の先生でもあり、生け花のコツを教えて頂きました。2種類の花器に彩りよく生けて頂きました。
両日とも楽しい日々でした。
益永佳予子

詳細はこちら


Date 2019.1.29 Care Show Japan 2019 参加しました!

1月23.24日、東京ビッグサイトで開催されたCare Show Japan 2019にて、セミナー講師
として参加してきました。「潜在ニーズを発掘!保険外の看護・介護事業 〜豊かなQ O
Lを目指した“メディサポライフ”事業化に向けて〜というテーマでお話しさせて頂き
ました。メディサポライフ開設経緯、サービス実践報告、事業化に向けての第一歩など
をの内容を発表しました。緊張しましたが、多くの方に聴いて頂き、嬉しく思いました

セミナー後、お声掛けて頂い方々ありがとうございました。

 

詳細はこちら


トップへ戻る